デンネツ殺菌ボックス KIYOME(きよめ) 試験結果

デンネツ殺菌ボックス KIYOME(きよめ)の除菌能力を第三者機関に依頼、強力な除菌能力を調査しました。
また、安全面に関わる紫外線の影響を第三者機関および自社試験にて測定しました。

殺菌能力

A大腸菌 殺菌効果試験

試験依頼先:一般財団法人 日本食品分析センター 試験成績書発行年月日:2016年2月17日
試験結果番号:第16001571001-0101号

大腸菌の菌液を塗抹した寒天平板を試験平板とした。検体内の依頼者指定の位置に試験平板を設置し、検体を作動させた。作動5及び15秒後に試験平板を採取し、培養後、試験平板上の生育集落数を計測した。また、測定は3回実施した。

■試験方法
1)試験菌

Escherichia coli NBRC 3972(大腸菌)

2)試験菌液の調製

試験菌を普通寒天培地[栄研化学株式会社]で35℃±1℃、18〜24時間培養した後、精製水に浮遊させ、菌数が約103/mLとなるように調製し、試験菌液とした。

3)試験平板の調製

普通寒天培地をプラスチックシャーレ(Φ90mm)に15mL分注し、固化させた後、試験菌液を0.1mL塗抹した。

4)試験操作

検体内の天井面から約18cmの位置に試験平板を設置し、検体を作動させた。作動5及び15秒後に試験平板を採取し、35℃±1℃、2日間培養後、試験平板上の生育集落数を計測した。なお、作動前の試験平板についても同様に試験し、生育集落数を計測した。

■試験平板上の生育集落数計測結果
測定3回ともたった15秒で大腸菌が全て除菌! 生育集落数(/枚) 試験写真

B黄色ブドウ球菌 殺菌効果試験

試験依頼先:一般財団法人 日本食品分析センター 試験成績書発行年月日:2016年2月17日
試験結果番号:第16001571001-0201号

黄色ブドウ球菌の菌液を塗抹した寒天平板を試験平板とした。検体内の依頼者指定の位置に試験平板を設置し、検体を作動させた。作動5及び15秒後に試験平板を採取し、培養後、試験平板上の生育集落数を計測した。また、測定は3回実施した。

■試験方法
1)試験菌

Staphylococcus aureus subsp.
aureus NBRC 12732(黄色ブドウ球菌)

2)試験菌液の調製

試験菌を普通寒天培地[栄研化学株式会社]で35℃±1℃、18〜24時間培養した後、生理食塩水に浮遊させ、菌数が約103/mLとなるように調製し、試験菌液とした。

3)試験平板の調製

普通寒天培地をプラスチックシャーレ(Φ90mm)に15mL分注し、固化させた後、試験菌液を0.1mL塗抹した。

4)試験操作

検体内の天井面から約18cmの位置に試験平板を設置し、検体を作動させた。作動5及び15秒後に試験平板を採取し、35℃±1℃、2日間培養後、試験平板上の生育集落数を計測した。なお、作動前の試験平板についても同様に試験し、生育集落数を計測した。

■試験平板上の生育集落数計測結果
黄色ブドウ球菌もわずか15秒で全て除菌! 生育集落数(/枚) 試験写真

Cクロコウジカビ 殺菌効果試験

試験依頼先:一般財団法人 日本食品分析センター 試験成績書発行年月日:2016年3月16日
試験結果番号:第16001571002-0101号

クロコウジカビの菌液を塗抹した寒天平板を試験平板とした。検体内の依頼者指定の位置に試験平板を設置し、検体を作動させた。作動30、45及び60秒後に試験平板を採取し、培養後、試験平板上の生育集落数を計測した。また、測定は3回実施した。

■試験方法
1)試験菌

Aspergillus niger NBRC 105649
(クロコウジカビ)

2)試験菌液の調製

試験菌をPotato Dextrose Agar(Difco)で25℃±1℃、7日間培養した後、胞子を0.005%スルホこはく酸ジオクチルナトリウム溶液に浮遊させ、不織布フィルターでろ過後、菌数が約103/mLとなるように調製し、試験菌液とした。

3)試験平板の調製

ポテトデキストロース寒天培地[栄研化学株式会社]をプラスチックシャーレ(Φ90mm)に15mL分注し、固化させた後、試験菌液を0.1mL塗抹した。

4)試験操作

検体内の天井面から約18cmの位置に試験平板を設置し、検体を作動させた。作動30、45及び60秒後に試験平板を採取し、25℃±1℃、7日間培養後、試験平板上の生育集落数を計測した。なお、作動前の試験平板についても同様に試験し、生育集落数を計測した。

■試験平板上の生育集落数計測結果
強力なクロコウジカビも60秒後には99%除菌! 生育集落数(/枚) 試験写真

紫外線透過率

1ガラス素材の紫外線透過率測定

試験依頼先:埼玉県産業技術総合センター 試験成績書発行年月日:2016年2月25日 成績書番号:I15-5568-1

デンネツ殺菌ボックスKIYOME(きよめ)に使用しているフロートガラスの分光光度計による定量分析を行った。

■試験方法

分光光度計UV-3600((株)島津製作所)および積分球LISR-3100((株)島津製作所)を用いて240nm〜320nmの透過率を測定した。

■試験結果
ガラス素材の特性として紫外線99.9%以上をカット!
【測定スペクトル】
【各波長における透過率】 ※KIYOME除菌ランプに使用の波長は253.7nm
試験結果

2UV-C紫外線強度測定

試験:株式会社デンネツ伊奈工場

実機を作動し、ガラス越しでのUV-C※紫外線強度を測定した。
※UV-Cとは…UV-A、UV-B、UV-Cの3つに分類される紫外線の中でも波長(ナノメートル)が最も短く強力な紫外線。

■試験方法

実機のガラスに紫外線強度測定装置を設置し、除菌ランプの点灯前と点灯中で紫外線強度を測定、比較した。

■試験結果
除菌ランプ点灯中も実機からUV-C紫外線は透過せず、完全にシャットアウト!
【点灯前】
【点灯中】
【グラフ】
ガラス越しのUV-C紫外線強度が0mW/cm2横一直線と
なっています。(0.1mW=100W)
グラフ
試験写真